HOME > 社会貢献

社会貢献 /私たちにできること

私たちパナホーム滋賀は、「企業は利益を追求するだけでなく、企業活動が社会に与える影響に責任をもち、社会に対してその活動を説明しなければならない」と考えています。私たちは、企業は社会の公器であり、その社会的責任を果たすことが企業活動の原点であると位置づけており、お客様をはじめとする様々なお付き合いのある方々に対して、パナホーム滋賀の企業活動を情報発信することにより信頼関係を築き上げていきたい思います。

また、私たちは、地球規模での持続可能な未来を社会とともに築いていくために、環境保全活動や社会貢献活動への取り組みを行い、だれもが安心してくらすことができる地域社会をつくりだすために次世代の育成を支援していきたいと思います。


環境保全への取り組み|Environmental Preservation Activities

2003年8月。パナホームは、「エコライフ住宅宣言」を行いました。これは、「人と地球にやさしい住まい」をお届けし、事業活動にともなう環境負荷の低減活動と全社員がそれぞれの立場で環境活動に取り組むことを宣言したものです。また、「住生活産業No.1の環境革新企業」をめざすパナホームでは、「Eco & Smart」を切口に、CO2の排出量をゼロにする住まいや人と環境にやさしい持続可能な街づくりを進めています。

私たちパナホーム滋賀では、母なる湖「琵琶湖」を有する環境立県の滋賀県において企業活動を行う者として、この自然に恵まれた滋賀県を大切に守っていかなければならないと考えました。
私たちは、この想いを実現するために、エコライフ基金を創設し「びわこ地球市民の森づくり」の活動の支援をはじめました。また、環境性能に優れた商品に対するパナソニックグループ独自の認定制度・グリーンプロダクツに適合した「エコアイディアの家」のご提供をはじめ、環境との共生を考えた街づくりを滋賀県全域で展開しています。

びわこ地球市民の森づくり

びわこ地球市民の森は、鈴鹿山脈を水源とする野洲川による洪水の災害を無くすために廃川とした敷地を豊かな森として再生させることによって、地球温暖化の原因であるCO2の軽減と自然とのふれあいを楽しむことを考えた緑の再生活動です。

びわこ地球市民の森づくりは、滋賀県の方々はもちろん、下流域の方々や海外の方々にも参加してもらえるような息の長い植樹運動として展開されています。パナホーム滋賀では、エコライフ基金を設けお客様と社員が一緒に苗木の植樹などを行ってきました。今までの植樹合計は、11,467本にのぼります。
(植樹活動は平成24年度秋にて終了させていただきました。)

エコアイディアの家

「エコアイディアの家」は、エネルギーをかしこく生かすことのできる「環境の価値」、長く快適に住み継げることのできる「資産の価値」、家族の絆をはぐくみ喜びを広げることのできる「くらしの価値」を高めていく、パナソニックグループの総合力を結集した、これからの時代の価値ある住まいです。パナホーム滋賀では、滋賀県全域で「エコアイディアの家」をご提供しています。


社会貢献への取り組み|Social Contribution Activities

社会貢献活動には、大きく分けて8分野があります。社会福祉、スポーツ、健康・医学、地域社会の活動、教育、芸術・文化、環境保全、国際交流・協力などです。私たちパナホーム滋賀では、この8分野における社会のさまざまな問題に関心をもち、どのような社会を望むのか、そのために何をすれば良いのか、どのような関り方をしなければならないのかを、社会の一員として考えながら、利益や義務の範囲を超えた活動をしていきたいと考えております。

これをふまえて、私たちパナホーム滋賀では、滋賀県の企業などによる社会貢献活動に関するネットワーク「淡海フィランソロピーネット」ヘの参画をはじめ、滋賀県社会福祉協議会の施設ボランティア活動などに参加しています。

あかね寮利用者創作展

社会福祉法人蒲生野会・あかね寮は、障害のある方がいきいきと働き暮らしていくために、一人ひとりがもつ権利を大切にしながら、日中活動(労働)の場・暮らしの場・社会参加(余暇活動など)の場、さらにはそれをしっかりと見守る権利擁護の体制を確立していくことで、利用者の方々が主人公の施設づくりをめざしておられます。

私たちパナホーム滋賀では、「あかね寮・納涼祭」での模擬店のお手伝いや「がもうの祭り」での模擬店のお手伝いをはじめ、プランターなどのプラスチック製品にリサイクルされるペットボトルのキャップを、定期的にあかね寮リサイクル作業所へ郵送しています。

パナソニック ホームズの環境社会活動


PAGE TOP